FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高1・高2の勉強方法と始める時期 

大分記事の掲載が遅れてしまいました。

申し訳ないです。

8年間愛用していたPC(VAIO)がついにぶっ壊れてしまったもので・・・。

言い訳はこれくらいにして。



今回は高1・高2での勉強の仕方です。

といっても一言で終わるほどの内容ですが・・・。

ちゃんとなるべく丁寧に説明したいと思います。

一番手っ取り早く成績を上げる方法は何かと言うと。

授業です。

授業の前日に予習をし、授業後は復習をする。

特に以前紹介した復習方法で行うのが効果的です。

実際に大学受験というものを経験していない人にはこれが一番です。

参考書は補助的に使う程度でおさめておきましょう。

実行に移すとなると予復習だけできっと手一杯です。

てことで授業は真剣に受けましょう。

まぁ余程下手な教え方で評判が悪い授業は捨てた方がいいと思いますが。

余談ですが、私の化学嫌いは教師の授業の進め方が尋常ではなかったからです(笑)。

ぼそぼそ喋っていて何言ってるのかも聞こえない時もありましたね。


後は勉強を始める時期についてもお話したいと思います。

勉強はいつから始めるのが良いのかという質問を良く受けます。

その答えは、思ったらその日から始める、ということです。

早ければ早いほど余裕があって良いです。

しかし、強いて言うならば、高校生活が始まってすぐに勉強していなかった人は、一年生の秋~冬から始めるのが良いと思います。

一年生の内容であれば1ヶ月あれば総復習を行い、更にその復習を行って定着させることができます。

二年生になる前に土台を固めておくことで安定した成績を残せます。

また高2の終わり頃、受験に繋げるステップが存在しますが(気持ちの切り替えなど)、それもスムーズにこなせるでしょう。

現段階の成績で入れる大学ならば、3年からでも十分に間に合いますが、レベルの高い大学を目指すとなると、やはり上に記した時期が適切です。

しかしながら、二年、三年からでは間に合わないというわけではありません。

何事も気の持ち様ですから、もし適切な時期を逃していても焦らず着実にこなしていきましょう。

スポンサーサイト
[ 2007/12/20 22:02 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)

問題のモンダイとその解決策 


突然ですが、あなたは今現在予習して授業に望んだ後、どのように復習していますか?

また、問題集で解いた後に間違いをどのように復習しているでしょうか。

ただ漫然と間違えた箇所を解き直すようでは効率はよろしいとは思えません。

更にその方法がケアレスミスを生んでしまう可能性もあるのです。


今回は問題を解き、答え合わせ後にどうやって復習につなげるかを書きたいと思います。

[ 2007/11/19 00:03 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)

付箋で計画超効率化! 

学習計画表と相補的な役割を担うのがこの付箋です。

これをすることにより、より一層勉強の効率化が図れます。

また、計画表を作るときの参考にもなるので便利です。

まず下図をご覧ください。
[ 2007/11/10 01:12 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)

効率のよい勉強の仕方その五(④模試の活用) 

このシリーズの最後に、模試の活用方法です。

この模試を上手に使いこなせるようになると、成績も上がり調子になります。

まず最初にまとめ。


1、模試は解いて終わりではなく、解いてからが始まり

2、偏差値と判定は気にするな

3、今回の模試の総評を冊子で見よう



まず1から。

よく勘違いしている人がいるのですが。

模試を受ける主な理由は現時点の実力を測るためだけではありません。

現時点の弱点を測るためにあるのです。

弱点の分析はまず模試を解いたその日から始まります。

家に帰って早速丸付けをしましょう。

疲れててもやってください。


人間がっかりした気持ちになるとそういう心象の効果で、物覚えも良くなりますから。

どうしても駄目なら次の日で結構です。

それ以上時間を経過させてはいけません。

間違えた問題と解答を切り取り、ノートに貼り付けましょう。

科目ごと、マーク・記述ごとに分けて作ったほうがいいでしょう。

このノート作りの目的は、弱点補強の参考書作りです。

これは作った後、他の参考書と同様にチェック法で学習しましょう。



次に2です。

まぁそのまんまです。

偏差値と判定は気にしなくていいです。

良くても天狗にならず、悪くても悲観しないでください。

気にするべきは点数です。

模試を受ける前に設定しておいた目標点にどれほど足りないかを確認してください。

そして足りない点数はなにで取ればよいかを計画する必要があります。

また、勉強量のウェイトもそれで決めてください。

模試はこれからの勉強計画の指針でもあるのです。



最後に3です。

間違えた問題のノートとは別に、新たにノートを用意してください。

そこで、模試の結果が返却された日に、もうひとつ冊子があると思います。

そこに、

「成績概況」

「本模試の活用と今後の学習計画」

という項目があると思いますが、(模試によって解答についている)

それを切り取り、自分が大事だと思ったところに線を引き、ノートに貼ってください。

また、模試の結果に記されている、各教科の大門ごとの点数をノートに書き込みます。

そしてどの分野が一番取れていなかったを確認し、印をつけておきます。


ここからがさらに大事です。

それらを参考にしながら、これから自分が何を第一に勉強し、覚えなくてはならないのかを、書き出します。

例えば、数学でベクトルが取れなかったとしましょう。

そのときは、ノートに「ベクトルが取れなかった→○○(参考書名)をやる量を増やす」

などと書きます。

各教科すべて終わったら、計画表の作成の際にそれを持ち出し、参考にしながら計画表を作ります。



こうすることで、模試が終わるごとに自分の実力と弱点、それを克服するための指針を作成するので、

今後の学習に対する不安を拭えます。

また、実力をつけるための最短ルートを自ら作成し、歩むことができるのです。


このように、模試は大変大事な役割を果たします。

いわばあなたを合格に導くガイドなのです。

このガイドを上手に使うことが合格をつかむための第一歩となるのです。



↓記事が良いと思ったらクリックで応援してください!↓

FC2 Blog Ranking



[ 2007/06/08 18:47 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)

効率のよい勉強の仕方その四(③用語の定義の習得) 

勉強している最中に、なんとなく用語を使っていませんか?

また、公式もなんとなく使ってませんか?

例えば、物理において、問題の回答中に、

ma=f

なんて書いたりします。(分からない人ごめんね)

これってどういう意味か分かりますか?

これを使うためにはこの式の意味を分かってないといけないんです。

また、生物で記述のときに、

コドン

アンチコドン

こんな単語が出てきたりします。(再び分からない人ごめんね)

記述時にこの用語はどういうものか分かって使っているでしょうか。

しつこいですが、倫理や現代社会で、

マージナルマン

なるものがでますが(分からない人ホンとにごめんなさい)、

自分の言葉で説明できるでしょうか。

ここまで書けば察しがつくと思いますが、

一番勉強中に気をつけないといけないことが、

用語の意味を完全に正確に理解する。

これに尽きると思います。


意味を履き違えて覚えていると、とんでもないことになります。

例えば、

「気が置けない仲」

間違って使っている人いますよね。

「汚名挽回、名誉返上」

こういうように一部分取り違えて覚えちゃったりとか、

まぁ他にもいろいろあるのですが。

いいたいことは、

「何か用語を見たときは必ず自分で説明できるか」

これを確認してほしいということです。




実は定義の確認を行うと、とても応用が利くのです。

特に物理では公式の定義をしっかりと理解している人は強いです。


がんばって定義の完全理解を目指しましょう!



↓記事が良いと思ったらクリックで応援してください!↓

FC2 Blog Ranking





[ 2007/05/20 18:08 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)

効率のよい勉強の仕方その参(分量計画について) 

いよいよ計画についてですが。


まずこの計画なしには


「復習が効率よくなる=学力上昇率が増加する」


ということはありえません。それくらい大事です。



具体的に教えます。


自分がやっていた方法ですが、




juken.jpg







通常学習→その日はじめてやる範囲

1→その日のうちの復習(一回目ということ)。終わったらチェックマークを入れてください。

2→翌日の復習(二回目ということ)。

復習→三回目以降の復習。一週間前、一ヶ月前のものなど書いてください。






こんな感じで画像作成途中で挫折ノート(自分は無印のA5を使用)に、一ページにつき一週間の予定を分量で決め書き込みます。時間で決めないでください。


通常学習は個人的な感想として、3科目が限度だと思います。


時間が余ったらやる程度にしてください。


ここではまずその日の復習の項目を終わらせるようにしてください。


自分の場合、復習の欄はだいたい平均で一日6つ書いてありました。


一週間前、一ヶ月前に学習したものを書くので自然とそうなってしまいます。


終わったら好きなことしてもいいですよ。


もう少しやりたければなにか一科目分余計に通常学習を行うなどを。


分量を決めておけば、その日のノルマを達成するだけなので心理的負担も軽減するはずです。


あせりも少なくなります。


またノートを見返せば「自分はこれだけやってきたんだ」と自信を持つことにもつながります。

まさにいいこと尽くめのノートなので、是非自分でまとめてみてください。


絶対役に立ちますよ(`・ω・´)

<追記>
また、これと同時に付箋も使うのですが、その方法はこちらで確認ください。


記事が良いと思ったらクリックで応援してください!↓

FC2 Blog Ranking




[ 2007/05/11 11:01 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)

過去問の使い方 




過去問。

毎年必ず本屋の店頭に並んでいますね。

これの使い方を間違っている人がとても多いんです。

学校の先生に使い方を教わっている方が多いんですが、それが弊害となっているようです。

過去問は問題集じゃないです。

これすごく勘違いしている人がいます。

よくセンターの分厚い過去問の表紙に「過去問研究」って書いてあるじゃないですか。

そうです。

研究のために使うんです。

研究とは何を目的とするものか。

それはもちろん出題傾向です。

大学が独自に問題を作成しているので、自然と問題傾向が偏ります。

それを調べるのです。



やり方です。

志望校の二次試験の科目は把握しているでしょう。

そして志望する学部学科の試験の内容を大まかにまとめてある「傾向と対策」(赤本の場合)を見てください。

そして大体6年分はあると思うので、全部書き出します。

すると、その大学の、英語なら英語の、数学なら数学の、独自の傾向が見えると思います。

例えば英語で言えば、下線部和訳が多く出るとか、独自の題材の英作文がでるとかさまざまです。

とにかく頻出と呼べるものを探ります。

その次に問題を確認します。

似たような問題が出ていないか、題材で共通部分はないかなどです。

受験科目で全て終えたら、それを清書しておきます。

そして常に勉強するときに携帯するようにしましょう。

計画表を作成するときや学習するときに、必ずその清書を取り出し、頻出分野を意識しながら行動しましょう。




頻出の制覇=二次試験の制覇。

まさにこのために過去問は販売されているのです。

高い金払って買うんですから有効に使いましょう。

もちろんセンターの過去問も同様ですよ。

まずは過去問と言う情報雑誌から情報を取り出して、自らの進むべき道程が書かれた地図を自分自身の手で作成しましょう。

まさにそれが合格への近道です。




↓記事が良いと思ったらクリックで応援してください!↓

FC2 Blog Ranking


[ 2007/04/25 23:31 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

すーみー

Author:すーみー

すーみー@管理人


4月:国立医学部E判定(71%)

6月:勉強法確立・実行

8月:国立医B判定(82%)

10月:国立医A判定(84%)

12月:センタープレ国立医D判定(75%)

1月:前年度比150点+(88%)

一年で国立医学生



なるべく固めの文章を保ってたけど、最近また雑になってきた管理人です。

よろしくね。

メールフォーム
kachi-method@live.jp

これをあて先に貼り付けて送信してください。
大学の資料請求
Z会の資料請求
ブログリング
QRコード
QRコード
ブログ全記事表示
By FC2ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになってあげる



ブロともいないからブロとも募集中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。